薬剤師の面接について

好条件の求人は事前の対策が重要

見学にはいくつか行きましたが、その中の一つが本当に良いと感じ、今までで一番働きたいという気持ちになれたので応募しました。
いくつか不採用になった後なので少し諦めつつありましたが、キャリアアドバイザーによる励ましもあったので、これを最後にしようという強い気持ちを持って臨むことができたのも良かったです。
話し方や立ち振る舞いは勿論、自分がなぜここが良いか、薬剤師としてどんな働き方をしたいのかなど、今まで以上に熱意を持って伝えられたんじゃないかなと自分では満足したし、手応えも感じることができました。
一週間ほど経過し、やはり無理だったのかなと諦めかけていた時に連絡があり、採用と知った時には本当に嬉しかったです。
諦めない気持ちが大切なんだなと思ったし、薬剤師で引く手数多と思っていましたが好条件の働き先で採用になるためには、きちんと対策や準備、下調べをしておくことが必須なんだと思いました。
やはり面接の良し悪しで合否には大きな影響を与えることは、間違い無いと身をもって感じています。

薬剤師の転職は専門の求人サイトが良い / キャリアアドバイザーは面接対策も行う / 好条件の求人は事前の対策が重要